Skip to content

月別: 2020年1月

シミやそばかすを目たたなくしたい

シミをきれいに除去するためのケアもたくさんありますが、私に一番合ったのはプラセンタを濃縮した美容液(基礎化粧品の一種で、より高い効果が期待できるとされています)をパフやコットンでパッティングすることですね。角層までしっかりと届くのが実感としてわかるのです。

継続して使用していると濃かったシミが目たたなくなってきたので、全てのシミがなくなるまで使うことにしました。うっかり肌にできてしまったシミやそばかすを少しでも目たたなくしたいと思い、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液(基礎化粧品の一種で、より高い効果が期待できるとされています)を使いはじめました。

洗顔して汚れを落とした後、美容液(基礎化粧品の一種で、より高い効果が期待できるとされています)を指先にのせて、シミとかそばかすが気になる部分に、トントンとパッティングするようにつけます。使用を続けて一ヶ月ほどで、シミとかそばかすが目たちにくくなったと思えたので、嬉しくて、喜びの気持ちでいっぱいです。一日に2リットルの水を飲むと全身の代謝を活発にすると考えられています。

そして、お肌にすさまじく水分は欠かせません。体内の水分が十分でないと、お肌の血行も悪くなります。

老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)や有害物質がたまることでシミやくすみを悪化させてしまいます。

また、水分不足は乾燥肌の原因となり、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていた断食に挑戦しました。断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。相性が良かったのか短期間に引き締まるところが引き締まったので、全身体に良い感じのボディラインになりました。全体に適度な引き締めを期待して運動して睡眠もとっていたのに、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目たつことも(!)。

ダイエット前後の写真なんて撮っていませんからわかりませんが、どこが悪かったとかは思い浮かびませんが、とりあえずダイエットはやめて、スキンケアを集中的にするつもりでいます。またダイエットできるようになると良いのですが。重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、お肌の汚れがとれて、シミが薄くなったと口コミで話題のみたいですが、お肌が傷ついてしまう懸念もあります。精製のレベルにより重曹は、薬品用や食用のものから、掃除用のものまであります。

食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ごしごし洗うことは避けてちょうだい。

そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアにより、たっぷりと潤いを与えてちょうだい。coffee、紅茶、緑茶といった飲み物に入っているカフェインは、肌のシミを増やしてしまう一因になるでしょう。

広範囲にシミを拡大させてしまったり、カフェインを長年に渡って摂っていると体質的に色素沈着しやすくなってしまうでしょう。また、緑茶にふくまれることで知られるタンニンもシミに悪影響がでやすい成分ですから、この頃、シミが増えてきたかも、という方はあまり多くは飲まないようにしましょう。

肌が敏感な人は、W洗顔がいらないメイク落としなどで洗うと、余分な油分が残らずに済みますし、スキッとします。どうしても、二重洗顔をしたい場合には、ぬるま湯を少しかける程度にしましょう。

敏感肌は、肌の様子が変わりやすいので、その変化に臨機応変に応対していくことが重要です。

肌というものは年齢を表す鏡のようなものです。

目の下に出てくるクマや乾燥による翳りには、他人が指摘するだいぶ前から本人は悩んでいて、なのに何もしていないケースが少なくありません。お肌の弾力性やリフト機能が失われ、新しくできたシミやしわが次のシーズンにまで残るようになります。均一に光に当たっていると肌の薄い部分ほどダメージをうけます。手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわが気になるという人は多いです。乾燥肌を防ぐには、ほどよい洗浄力で低刺激性のクレンジング剤を使うようにします。

落ちにくいポイントメイクは適したリムーバーを使い、肌が荒れないようにしてちょうだい。

顔を洗う際もゴシゴシと洗ってはいけません。キメの細かい泡で優しく洗い、十分にぬるま湯で流すようにしましょう。ついに誕生日を迎えてしまいました。とうとう私も40代の仲間入りです。これまではUVと安価な化粧水くらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまで通りのスキンケアでは効果がない年齢ですよね。老化防止の方法には様々な対策があるようなので、調べる価値があると考えています。