Skip to content

見違えるように肌質が良くなる

特に三十代と四十代の女性が頭を悩ませる肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。両目の下の若干頬に寄っ立ところにできる、寝不足時の隈みたいなシミのことを指します。肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモンが関わっているのではないかという説があって、「肝」の字から、原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。

トラネキサム酸がその治療に有効だとされており、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから開発され、売られています。普通のシミ対策と同じ方法では、肝斑には太刀打ちできないでしょう。お肌の乾燥が気になるという方は多いと思っておりますが、肌のお手入れ方法を変えるだけで見違えるように肌質が良くなります。

洗顔用石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるま湯で洗い流すことで肌のうるおいを逃さないようにすることができるのです。

逆に、お肌を乾燥させてしまうような洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを利用する事です。

必要な皮脂まで落としてしまうので、このお手入れ方法はオススメすることができません。

肌がデリケートな人は、ダブル洗顔不要のウォータークレンジングなどでメイクを落とすと、肌に余計なオイルが残らずに済みますし、爽快になります。

どうしても、二重洗顔をしたい場合には、ぬるま湯で少し洗い流す程度にしておきましょう。

敏感肌は、肌の様子が変わりやすいので、その変わり方に、臨機応変に対応していくことが大事なことです。全身至る所に血管は走っており、身体の表面を覆う皮膚のあらゆる部分を毛細血管はカバーしています。毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、また、不要の老廃物を排出するための経路ともなっています。

喫煙による害は様々ですが、煙を吸った直後に起こる悪影響としては、体中の毛細血管が収縮してしまう、というものがあります。そのせいで毛細血管の先々まで栄養が行き届かなくなり、老廃物の排出も滞ります。必要な酸素や栄養が届かないので、表皮の機能は落ち、肌のバリアとしての働きが弱まり、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、結果としてシワやたるみが増えていきます。肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方がいいでしょう。

紫外線はシワが増える原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)となるので、外へ出る際は日焼け止め対策のクリームを塗ったり、日傘を使って対策するなど紫外線対策をちゃんと取っていきましょう。また、紫外線をたっぷりと浴びてしまった時には、ビタミンCの配合された美容液を使用してスキンケアをしっかりと行ってください。

きちんとスキンケアをおこなうことで、シワをきっちりと予防することができます。目立ちはじめたシミを薄くする方法もたくさんありますが、試した中でも一番良かったのは高濃度プラセンタ配合の美容液をパフやコットンでパッティングすることですね。ひたひ立とお肌に浸透するのがわかるはずです。

使用を続けているとシミの跡がかすかに残る程度になってきたので、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。肌にできてしまったシミ、なんとかしたいと思っておりますよね。いっつものお肌のお手入れとして私は、高濃度プラセンタ美容液を利用しています。きれいに洗顔した後の素肌にしっかりと染み込ませてから、潤ってから化粧水、乳液などをつけます。高濃度プラセンタ美容液でケアするようになって、肌のくすみがなくなり、明るい透明感のあるお肌になって、頑固なシミも徐々に消えてきました。秋冬になって乾燥が過酷なため、年齢肌ケア用の化粧水に置き換えました。やはり年齢肌に特別に合わせた商品ですし、値段もするだけあって効きめを実感します。

化粧水だけで肌がもっちりと水気を帯びるので、その後の乳液なども薄く広げるだけでいい感じです。

翌日の肌がピンとして、ファンデーションもきれいにのって大満足なので、今後も使用します。顔のシミをコンシーラーでみえなくしようとしたら、逆に、シミが目につくようになったことはないでしょうか。ファンデをチョイスする際は、お肌の色より、やや明るい色を選択する方がたくさんいらっしゃるようですが、シミをわからなくするためにコンシーラーを購入する際、自分の肌より明るめの色を選ぶとシミがもっと際立ってしまいます。シミをわからなくするためのコンシーラーの色は肌よりちょっと暗い色を選ぶのがミソです。お肌のくすみを引き起こす要因として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。甘いものをたくさん食べる生活が続くと、お肌の外側から幾らケアしても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱まっていると考えられます。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。

全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてください。

Published in未分類