Skip to content

マッサージに使うのもよい

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされると言われることもあります。不調がちなお肌の調子を整えるものとして、一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。

中でも、肌の生まれ変わりに深い関係のある新陳代謝を高めてくれるネロリ、血行の促進に作用するゼラニウムは、お肌のくすみを解消してくれます。もちろん、マッサージに使うのもよいですし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使ってみるのもよいかも知れません。シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもあるのですが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。肌の水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が足りなくなって、乾燥してシワはこうやって増えていくわけです。目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。そのためここは他より比較的乾燥に弱いことが知られており、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという訳です。

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)、ヒアルロン酸、これらは減って行く事になり、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。世間では、一度お肌に出来てしまったシミは、簡単に消すことは難しいと思っている方もいらっしゃいますが、シミが改善しにくいのは、家庭のスキンケアに限った話であり、専門の機器を使った話ではありません。美容クリニックなどの医療施設でレーザーなどを施術して貰えばすぐにでも美肌になることができます。

ただ、費用が必要になりますし、特別なケアが治療後には不可欠ですが、いつまでもシミに悩まされつづけてしまうのであればクリニックで専門医からの治療をうけた方が良いかも知れません。

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。特にわかりやすいところは目の下でシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢が進むに従い、この部位についての悩みをもつ人は、増える傾向があるでしょう。

そして肌のつややかさや張りが加齢を原因としては消えていくと、肌はしぼんでシワとなります。顔に限定してみますと、シワの悩みで多い部位は目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。透き通るような白い肌だったときにくらべ、加齢と一緒にシミが増えるのは、嫌になってしまいますよね。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

今この時からでも若い肌を保ちつづける努力をして、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。シミといえば、主な原因としてはあげられるのが紫外線や肌の老化ですので、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化をしていこうと思います。肌が薄いとされる人の場合、シワがつくられやすいようになっているそうです。もしかしたら自分がそうかも知れない、と心当たりのある場合は簡単に自己チェックできますので、確認してみましょう。

そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かも知れません。皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというとその薄さで、物理的に水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を蓄えておけません。

それで、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。

また年を取るに従って肌はどうしたって薄くなっていきますから、肌の状態には気を付けた方が良いでしょう。シミやそばかすなどが肌に出来てしまったため、なるべく目立たなくしたいと考え、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を使いはじめました。

朝晩の洗顔の後で、清潔な指先に美容液をとり、シミとかそばかすが気になる部分に、トントンとパッティングするようにつけます。使用をはじめてから一ヶ月くらいでシミやそばかすが、少し目立たなくなったのが実感できて、とても嬉しいです。

肌トラブルの悩みと言えば、シミが多いことです。年を取ったり、紫外線による日焼けによってメラニン色素(シミやほくろの原因にもなりますが、髪の色を黒くしている色素でもあります)が沈着するという原因で、シミのせいで実年齢以上により上に年を取ったような感じを周囲の人に与えてしまうようです。もし、顔にできてしまうととても気になりますが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能と言えますし、できてしまったシミを消すことができる方法があります。シミ・シワ・そばかすなどアンチエイジングの敵として紫外線と乾燥は特に大きく作用していると思います。肌の深い部分の水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が不足すると、しわができてきたり、出来たシワが定着しやすくなります。まぶたから目尻、目の下にかけては皮脂の分泌が少ないため乾燥の影響が表れやすく、もっとも早く皺ができる場所といわれています。肌のハリを生み出すコラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)とかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、たるみによって顔の表情がかわってくるのもこの頃です。シワやシミもできやすく、一度出来ると消えにくいのも特徴です。自分がアラサーになって気づいたのですが、シワが出やすい肌タイプってあるようです。肌の薄い人がどうやらそれみたいで、出来てしまった小皺が消えなくなってきたのに気づいたら、闇雲に手入れするのではなく、肌質を見つめ直してみましょう。手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は残念ながら注意が必要です。水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)蒸発を抑える表皮が薄いと表皮細胞の再生機能が弱まるため、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。一気に老化が進んでしまうので、早いうちからエイジングケアというのを、考えなおしてみると良いでしょう。

Published in未分類