Skip to content

ターンオーバーの促進効果

お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。そもそもシミとは何なのかというと、表皮に現れたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。ターンオーバーの促進でシミの軽減が期待できるのですが、ピーリングで余分な角質を取り除くと、さらに効果がアップします。でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォーってそんな感じですよね。個人差はありますが、だいたいそのくらいになると体の衰えに伴い肌がくすんできて、目の下に大クマが出たて口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。それはもう明らかにアラサーとは違う感じで、例えば若い頃なら肌が荒れても疲れていてもリフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっと元気になりました。

しかしアラフォーは回復しないのです。肌から疲れが抜けなかったと感じる日も多くなりました。自分は36歳でいまギリギリですが、ちょっと不安です。しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。貼るだけで顏のしわを取ってくれるしわ取りテープは、少し前にテレビでコスメやその関連に詳しいという芸能人により説明されていましたが、自身も愛用しているということで、なかなか熱心でした。しわを広げてテープを張り付け、しわを目立たなくさせるよう矯正するもののようですが、貼っている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いりゆうはなく、軽いかぶれなどが出ることもあり得ます。しわ取りテープを使ったら肌のトラブルが増えてしまった!なんてことになったら大変です。正しい方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)で使用しましょう。シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、いろいろな病気が原因として考えられることもあるでしょう。もし、いきなり日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、疾患が起る前であったり、あるいは、病気が進行している怖れがありますので、早急にクリニックで診てもらうことをお薦めします。よくある女性の悩みと言うと、お肌の事になります。お肌の老化に伴ってシミについて困ることが多いでしょう。できてしまったシミの対策には、ビタミン摂取が非常に重要です。

シミの予防に関しては、ビタミンCが既にあるシミを薄くしたりなくすこともできるでしょう。ビタミンの積極的な摂取を心がけたなら、健やかな肌を維持する事が出来てるでしょう。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。というのも、肌の一番外側に位置する表皮はごく薄い層の集まりで、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージをうけることが多くなってしまいます。こうして真皮までもがダメージをうけて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、それでシワやたるみが起こるのです。女性が妊娠、出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)を経てしばらくの間はそれまでの身体の状態と大きく変化します。特にホルモンバランスは激変しますから、いろいろなトラブルに見舞われます。中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモン(あえて注射などで補う人もいますよね)の分泌が出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)後、急激に減少し、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。とはいえ、あまり時間持とれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液をとおして体内でできた物質を代謝・分解することにより懸命に解毒をしているのです。肝臓での解毒が十分でないと、有害物質が血液中に増えていき、肌の調子を乱していくのです。

肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌の健康を維持するキーポイントなのです。シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはパックではないでしょうか。

一日のオワリにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす貴重なリラックスタイムです。実は、自分で簡単に創れるパックもありますのでご紹介します。普通のプレーンタイプのヨーグルトにちょっとずつ小麦粉を入れ、パックに適した固さにしてこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。

ヨーグルトパックの冷たさが毛穴を引き締めてシワにだって効いてくれるでしょう。なにより、安価なのは嬉しいところですね。

多くの女性は、年齢を重ねるごとにお肌のシミや角質が気になってくるものです。ごく当たり前の現象ではあるのですが、実際の見た目はどうしても良くないものになってしまうでしょう。でも、お肌のお手入れ次第では改善する見込みは高いのです。毎日のスキンケアを手を抜くことなく継続し、印象の若い美しい肌を再び手に入れましょう。

Published in未分類