Skip to content

シワのできる原因は色々

梅雨ってカビが増えやすい時節になります。

人の肌には常在菌というものがいます。

高温多湿な環境ではこの菌も増えやすくなってしまうのです。

マラセチア菌(真菌)がもととなる皮膚病に「でん風」というものがありますが、体の色々なところに発症します。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。

なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、迷わず、皮膚科へ行ってみるべきです。

いつの間にか増えていく肌のシワですが、シワのできる原因というのは色々あるものの、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。肌の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が足りなくなって、乾燥してシワが発生して、増加することになります。ところで目尻はシワの目立つ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、他より比較的乾燥に弱いことが知られており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。
direiaTO BBクリーム

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは足りなくなっていくので、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。若いという年齢を過信するのは禁物です。

スキンケアはずっと先伸ばしでいいだろうと安穏としてしまってはいないでしょうか。

あなたの肌には部分的な乾燥はありませんか。実はそれはシワの予備軍なんです。年をとらなくても皺は出来ます。

紫外線に当たるスポーツ選手などが良い例です。

いま大丈夫だとしても、それは回復力が上回っているからにほおもったよりません。

実際には蓄積しているというのを認識したほうが良いでしょう。

30歳の自分がどんな肌でいたいのかをイメージし、20代から計画的なスキンケアをしていくことが、今後の肌を決めるでしょう。顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはできれば消してしまいたいものです。

そのシワのできる原因は、つまりは老化であり、紫外線の影響も大きいようです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにも繋がります。

お顔にシミが目立ってくると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。

年齢を重ねるにつれて、皮膚の治癒力が衰え、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので直接の紫外線を避けると供に、ビタミンCの多い野菜や果物を、できるだけ摂るようにしましょう。

シミのあるお肌って、どうにかならないかと思いますよね。毎日のスキンケアとして、プラセンタ美容液を使っています。

洗顔後のお肌に最初にたっぷりと与えて、化粧水や乳液などをつけています。プラセンタ美容液を使いはじめてから、肌の透明感が増して、頑固なシミもだんだんと薄くなってきたので、嬉しい限りです。出産を終えたばかりの女性の身体というのは長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ(外的要因と内的要因があるといわれています)、シワの増加といったこともよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産後、急激に減少し、その影響で肌は水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して何よりも保湿を重視したスキンケアを続けましょう。ホルモンのバランスは出産後半年ほどで元に戻るとされています。

美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。シミがある方の場合、まず、シミの原因は何かを把握することが必要です。シミの原因に対応した化粧品でなければ、シミを増やす結果になりかねません。市販されている外用薬や内服薬を使ったり、美容外科でレーザー治療をうけたりすることもできますが、その前に生活習慣を見直すことが健康な白い肌への最初の一歩だと言えるのではないでしょうか。肌はなめらかで均一な構造に見えますが、実は繊細な造りです。擦ったり引っ掻いたりを繰り返すと表層がだんだん薄くなってきます。

肌を保護する層が薄くなると水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)が失われるだけでなく、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。やがて表皮の下にある真皮にも歪みが生じ、代謝機能も変調をきたしてきます。すなわち、リフト機能が弱まってしまい、たるみ、よれ、しわ、と着実に進むので、一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。甘いものはつい食べてしまいがちですが、お肌のことを考えて下さい。

糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。糖分が体内でタンパク質と結合すると、全身の老化を早める糖化産物を生じてしまいます。

コラーゲンと糖が結合して糖化産物が肌に増えると、黄ぐすみ状態になったり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果になることもあるのです。

Published in未分類