Skip to content

きれいさっぱり消し去ってしまいたい

私たちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。

毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。

タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、表皮に守られているべき真皮も、ダメージをうけて弱り、そのはたらきを弱めます。結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、結果としてシワやたるみが増えていきます。喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙を御勧めしたいところです。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかと言ったことですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年をとおして紫外線対策をし、日焼けしてしまったら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水、美容液などを使ってしっかり保湿をし、シミを予防し、かつ乾燥を防ぎます。

こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。多くの女性が抱えるお肌の悩みが「シミ」です。

シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、皮膚が赤っぽくなり、その後、変色し、その通り色素沈着してしまったことによるものです。

日焼けによる赤みだけでなく、ニキビ跡の赤みもシミの原因の一つです。

UV対策をこまめに行ったり、肌のSOSに応えるスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)をすることでも、もうこれ以上、シミに悩まされないための防御策になるんです。

あとは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りて積極的にビタミンCを摂るのも自分でできるシミ対策として有効でしょう。朝の洗顔の際に、私の母は、石鹸や洗顔フォーム(どんなスポーツをするにしても、基本となるフォームをきちんと身に付けることが上達への近道だといわれています)で洗うことはありません。母は石鹸や洗顔フォーム(どんなスポーツをするにしても、基本となるフォームをきちんと身に付けることが上達への近道だといわれています)を使わずに水だけで顔を洗う人です。母が言うのには、石鹸や洗顔フォーム(どんなスポーツをするにしても、基本となるフォームをきちんと身に付けることが上達への近道だといわれています)で洗顔すると、お肌に必要な皮脂もすべて落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでいいと、石鹸不用説をよく言います。そんな母はですが、65歳と言った年齢を感じさせず輝いています。

つい最近、毛穴の黒ずみの対策として、クレンジングを新しいものに変えました。地中海の泥を用いたクレンジングと言ったもので、これを使用して優しくマッサージをしつつ洗顔をすると、毛穴に詰まった汚れがしっかり落ちると言ったものです。持続して使っているうちに、くっきりと目立っていた黒ずみが薄くなってきました。そういったことで、早く全部の毛穴の黒ずみを改善したいと思っています。最近の話です。肌のケアをしていた時にふとした思いつきがありました。充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわも中々できにくいのではないかと思います。ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、何となくですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりから以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。炭酸パックが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。イチゴ毛穴、その中でも特に鼻の毛穴に目立った角栓があるとおもったより気になりますね。とはいえ、顔を洗っている時に無理に取ろうとしてしまうと、逆にお肌を傷つけてしまうといったことにもなるので、お勧めは出来ません。

ピーリング石鹸といったものを使用して角栓を優しく取り除くといいでしょう。しかし、使いすぎると良くはないので、週1~2回ほどの使用を守って頂戴。炎症が肌にありますと、気がついたらシミになっていたなんて事があるものです。

例えば、ちょっとした外出における日焼けです。

熱でヒリヒリしてしまうときは、赤いだけのときでも実は、軽度の炎症がお肌に起きているでしょう。

健康肌の秘訣とは、日焼け対策なのかもしれないです。肌荒れを防ぐためには、洗顔を終えたら、すぐに化粧水などを使用して保湿ケアをおこないます。どのようなものをつけるのかは、肌の質によって異なりますし、その時の、体調によっても異なってきますでしょう。

毎日、化粧水や乳液、美容液等を用いますのではなく、肌状態とよく相談をするようにして頂戴。普段からいろんな保湿商品を使用すれば、肌が本来持っている保湿機能が低下してしまいます。

肌荒れにいいお肌のケアのやり方のポイントは、洗顔・保湿の二つです。

洗顔についての注意ポイントですが、とにかく肌をゴシゴシしないようにして洗顔するようにして頂戴。顔をちゃんと濡らしてから、できるだけしっかりと泡を起こした洗顔料をのせて、泡を利用して洗うようにします。洗顔がついたままにならないように、きちんと流すことも重要です。

Published in未分類